トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
嫌な話からいい話
2007-05-25 Fri 23:13
今日は例の日ですよ!




今日は暗い話です。実話です。

『ペットを飼う』

簡単なことじゃないですよね。

ゲームでも、おもちゃでもない。命ですから。

はなには何匹かの兄弟がいます。

いつも出てくる姉妹犬。この子は比較的近所に

住んでおり、このように遊び相手です。

はなを貰うきっかけはこの姉妹犬の飼い主である

Aさんに誘われた事でした。

Aさんの会社の方Bさんちの箱入り犬がハスキーの子を

産んで、里親を探しているとの事で。

ハスキーとラブの子。想像しただけで大型犬である

ことは分かります。躊躇しました。確かに犬を

飼おうか悩んでいたときでしたが、大型犬は・・・。

(結局貰いうけ今年めでたく6歳になるのですが。)

Aさんの会社も近所で、フレンドリーな事もあり

よくはなを連れて行き、Bさんにも面会させてい

ます。こんなに元気だよ、とか。こういう性格みたい

だよ、とか。逆にママ犬のここに似てるね、とか。

Bさんによくこんなことを言われました。

「はなちゃんはkorobokkuruさんとこに貰われて

幸せだわ」

確かに、知り合いから譲り受けたコですし、何より

命ですからそうそう変なことはしてないし・・・。

普通に世話をしているだけですからお世辞でも

いいすぎですよ~なんて言って笑っていました。

しかし、訳があったのです。

それはAさんが教えてくれました。

もともとAさんは母の友人。母はそのことを聞き

わたくしに教えるかどうか悩んだといいます。

兄弟犬たちはそれぞれ貰い手がつきすべて

貰われていったのですが・・・。

ある日、母があるアパートの駐車場を指差しました。

小さな小屋。廃材で作ったボロボロの小屋。

小さな窓しかなくてっきり物置かと思ったそれ。

「あそこにはなの兄弟犬がいるよ」

「え?」

Aさんはわたくしには見せないほうがいい、あの子は

泣くかもしれない。といっていたそうです。

しかし、見ました。

小さな窓。そこから見えたのはウンチのやま。多分

そのやまにおしっこもしていたのでしょう。

表現じゃありません。何日のもそれが小屋の中に

放置されていました。

肝心の犬は?

薄暗い中、丸まっていました。その頃、すでに

成犬だったのにはなより小さい子でした。

目はハスキーの血が濃いのかブルー。大人しい

―Aさんは何故わたくしに見せるなと言ったのか―

はなに良く似た顔のコ。

この子を貰ったのは知り合いの娘さん。この方

その頃妊娠しており、母親は止めなさいと言って

いたそうです。しかし、どうしても犬が欲しい

絶対世話をする・というので貰ったといいます。

結局、出産し子供の世話に時間をとられ、ますます

成長する犬を持て余した娘さん。

変わりに母親が散歩に?無理です。やんちゃざかり

の大型犬をひとりで連れて歩くことは出来なかった

のです。貰うとき、母親は手伝えないということも

言ったそうです。

挙句の果ての放置。

父親もさほど犬を好きというわけではなく、結局

積極的に世話をする人間がいない状況。

母親がウンチをそのままにしているのを見かねて

たまに掃除する程度。近所でもかわいそうだと

言われていたそうです。

Bさんもそれを聞き実際に目にして行ったのです。

やるせない。自分であげた犬です。知り合いです。

口出しできない状況。

その子は窓の隙間から差し出したわたくしの

指をぺろぺろと舐めました。全然警戒しません。

人好きなコです。

うちの母が呆然とするわたくしに

「貰っていく?あんたが世話するならいいよ」

といいました。

正直すぐにでも奪って愛情をたっぷり

あげたい!抱きしめたい!と思いました。

しかし、現実問題としてはなだけで精一杯。

くやしい。どうして?こんな目にあってる

このコがいったい何をしたんだ?!

ショックで。なにをどういえばいいのか。

ここに通ってわたくしが散歩させようか?

その日は眠れませんでした。

はなにあんたのことは幸せにしたいと思ってきた

よ。これからもそうしようと思ってるよ。

胸が痛い。




後日、テンション高くAさんからTELが。

「あのコ!

。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪

あそこからもらわれってたの!

今度はいいトコよ!!」

詳しく聞くと、父親の知り合いがあそこへ

遊びにきたのかきっかけで。

あの小屋に犬がいる、その状態を見たその人は

大激怒!

信じられない!なんて事を!!かわいそうにも

程がある。この子は誰がなんと言おうと貰っていく!

とその日のうちに連れて行ったのだというじゃ

ありませんか。

それもその方は豪農で、広い土地を持っており

「今までの分も存分に走り回れるぞ!」

といっていたそうです。

神様!仏様!!信仰ないけどどれほど感謝したか。

その方にぜひとも会ってみたかった!

Bさんもわたくしも泣いて喜びました。

それからもう5年が経ちました。あの子は

幸せに暮らしているでしょうか?そう願っています。


余談ですが、あの娘さんあの後しばらく経って

トイプードルを飼いはじめました。

母親は呆れ、Bさんに申し訳なくて仕方がない

とこぼしていたそうです。


犬って、ペットって生き物です。

流行で飼うものじゃないんですよね。

この出来事を思い出すたび、考えます。


暗い話でごめんなさい。





あ、はなの写真が一切ない。

そんな顔してもダメです。
クリックで大きくなるよ

・・・降りてくださいよ。ドライブ終了ですって。






にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


ぽちっとドーモでした。








スポンサーサイト

はな | コメント:6 | トラックバック:0
<<降水確率 | わたしとかいぬとか | 蜜の味。>>
この記事のコメント
段々と泣きそうになりながら読んでました。でも、ハッピーエンドだったので、ホッとしましたよ。僕もボンの兄弟には会いたいんです。もし会えたら、そこ子達が幸せに暮らしている事を願いたいです。
はなちゃんにそっくりな兄弟犬の姿を見た時は悲しかったでしょうね。。僕も想像しても泣きそうになりますよ。でも、どうしてその後にプードルなんて飼えるんでしょうね。。
引き取ったお知り合いの方は立派です。大激怒でもOKですよね。こんなヤツは人の子もまともに育てられないですよ!
そのワンコも今がハッピーだから良かったですね!
2007-05-26 Sat 01:32 | URL | ボンのとうちゃん #-[ 内容変更] | top↑
泣いてしまいましたよ…。
責任感のない人間にもらわれる程可哀相なことはないですね。(うちの義妹のように可愛がることしか出来ない人も困ったもんですが)
私の実家にいるコーギーもほんとにはなちゃんの兄弟と同じ境遇で捨て犬となっていたのを弟のお嫁さんが気の毒に思って拾って来たコなんです。
はじめはお嫁さんも
「お宅の犬が外にいますよ」
って教えてあげたのに、「うちの犬じゃありません」て結局認めないので飼うことになりました。
そのコはどんな育て方をされたのか、首のあたりを触ろうとしたらひどく怒ってました。
今ではどこ触っても怒りませんが(^-^)

…ああ〜…コメントなのにだらだら書いてしまってごめんなさい(^_^;)
要するに、最後まで飼えないやつにまともな人間はいないってことですよね!
その妊婦の人はきっと自分の子育てだってまともに出来ないでしょう。
2007-05-26 Sat 11:51 | URL | 菱花 #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは。
読んで想像してしまうとなんて悲惨な状況なのだろうと悲しくなりました。
犬のブロブやってる人はそんな事する人はいないと信じてますがまだまだ犬をそんな扱いする人が沢山いるという事を思い知らされました。
そのワンちゃんが大激怒できる人と出会えてほんとによかったと思います。
krobokkuruさんもその時はさぞかし辛かったと思います、今はきっと幸せに暮らしているでしょうし救われますね。

しかし流行だけで犬を飼う人は減りませんね、日本も犬を飼う事に対して何か規制をつくればと思います、外国ではやってますしね。

ながながとなってしまいましたのでこのへんで、krobokkuruさんさようなら〜。

2007-05-26 Sat 12:35 | URL | くるみこちゃん #bS8GaziI[ 内容変更] | top↑
わたくし、かわいそう過ぎて1度しかあいません
でした。しかしあの子の顔は目に焼きついてい
ます。
豪農さんが連れて行く!と言ったとき誰も
引き止めなかったそうです。ホント、持て
あましていたんでしょう。
5年前の出来事ですから、今はプードルを
きちんと世話しているかもしれません。
そう願います。
2007-05-26 Sat 22:24 | URL | korobokkuru #-[ 内容変更] | top↑
犬ってどんな環境でも飼い主第一ですよね。
DV受けた子がそれでも母親、父親をかばう様に。
その無償の信頼を裏切るのはホント、いけないこと
ですよね。実家のコーギーちゃん、新しい家族に
心を許したとき、どんなだったんでしょうね。
愛情って暖かい光ですよね。あのコが元気でいて
くれればそれでいいです。
2007-05-26 Sat 22:31 | URL | korobokkuru #-[ 内容変更] | top↑
こんばんはデス。
そう、話ではこんな飼い主いるらしいよ〜なんて
ホント他人事でしかなかったような事がすぐ近くで
それも他人事ではなくあったのが今でも信じられ
ません。
ペットショップで犬や猫を売ってますよね。
ドイツでは信じられないことだと聞いたことがあり
ます。動物のための法律まであるそうですね。
そんな縛り付けなくてもいいので、もう少し
考えて飼ってほしいなと。飼いたいなと思います。
2007-05-26 Sat 23:31 | URL | korobokkuru #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| わたしとかいぬとか |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。